2017年11月21日

中国一人旅-その13 香港国際空港のビジネスラウンジ

さて、お昼ちょっと前に空港に到着。
今回は帰りの便をビジネスクラスで予約していたのでビジネスのレーンへと進む。
オンラインチェックインは済んでいたのだが、香港国際空港では
モバイル搭乗券には対応していないそうで紙の搭乗券をもらう。
大荷物ではないのだけれど、せっかくだから荷物も預けてしまうことにした。
プライオリティタグが付けられた荷物は、
到着空港で優先的に荷物が出てくるので待たずに済むのだ。


空港内は、台風の影響をあまり感じさせない普通の混雑具合。
自分が乗る便も、どうやら欠航ではないみたいで一安心。
しかし、この時間にもかかわらず、まだ搭乗ゲートは未定とのこと。

保安検査場も、パスポートコントロールも、いずれもほとんど行列無しで
出国後エリアに入ることができた。

スターアライアンス系で利用できるビジネスラウンジは
香港国際空港内では
シンガポール航空「SilverKris Lounge」
ユナイテッド航空「UNITED Club」
タイ国際航空「Royal Orchid Lounge」
の3か所が利用可能。
ANAのカウンターではユナイテッドクラブの利用を勧められるが
搭乗ゲートも未定な状況で、遠くのラウンジへ行くよりは
一番近い所を利用しようとシンガポール航空の
シルバークリスラウンジへと向かう。

HKG71_1020962.jpg
入り口で搭乗券を見せて、中へ入るとそこそこ席が埋まっている。
まずは駆けつけ一杯ということで、バーカウンターで
シンガポールスリングを注文。
HKG72_1020963.jpg
シンガポール航空ということで、定番?なのか
同じオーダーをする人が意外と多いこと。
当然、ラッフルズスタイルではないのだけれどね。

一息ついたところで、奥のテーブル席に移り食事をとる。
HKG73_1020964.jpg
ここでのご飯が今回の旅行中で一番おいしかったかも?

二杯目のカクテルにマティーニを注文したら、
ドライベルモットが切れてるそうで、
「ジンベースならギムレットなど如何でしょう」ということで
ギムレットを注文する。

ご飯もお酒も全て無料で食べ放題・飲み放題とは、なんとも優雅だな。
まあ、その分エアーのチケット代が高いのだけれど、
今回、自分は特典マイルでの旅だし、とってもお得な気分。
いずれスーパーフライヤーズ会員になれるよう挑戦してみようかな。

暫し、食事とアルコールを楽しみながら、スマホの充電を回復させて
そろそろ搭乗ゲートが決まっただろうかなという頃合いを見て
ラウンジを出てみるが、まだ未定のまま。
もうすぐ搭乗開始案内時刻なのになぁ。


posted by HID at 22:47| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。